個人事業主やってます

つれづれなるままに

『ハクソー・リッジ』レビュー

ハクソー・リッジ』映画館で見てきました。

「レビュー」と題名では書いていますが、公開中の映画の「ネタバレ」はさすがに記載できませんので、抽象的な感想等を書きたいと思います。

 

メル・ギブソン監督作品」という前提知識のみで映画館に行きました。

沖縄戦を舞台にした映画が米国で公開された事実を知り、日本公開を待ち望んでいたことも事実です。

 

この映画、一言で表現すると「一人の英雄譚」です。

沖縄戦で活躍した一人の無名な兵士をフィーチャーしております。

それ以上でも、それ以下でもない映画です。

 

従って、この映画で表現される「英雄譚」が「知るべき事実か、否か」によって、この映画を見るべきか、否か、大きな判断材料になると考えます。

映画鑑賞後の、一個人の意見と書きますと「知るべき英雄譚」であると考えます。

勿論、詳細は記載できませんが、第二次世界大戦中、このような兵士がいたことは、知っておいて決して損はないと考えます。

 

野戦シーンは、本当に迫力があり、飽きが来ない作品に仕上がっています。

特に「白兵戦」の生々しさの表現は特筆でした。

 

是非、映画館に足を運んでいただき、一人の米国人の「英雄譚」を知り、人生の糧にしていただければと思います。