個人事業主やってます

つれづれなるままに

マイルの貯め方〜その1「ソラチカカードに申し込む」

陸マイラー向けの記事です。

マイルの貯め方につきまして、項目に分けていろいろ書いていきたいと思います。

 

まずは、マイルを貯めたいと本気で考えた場合、ある「事前準備」が必要になります。

それは「ソラチカカード」というクレジットカードを作成することです。

 

www.to-me-card.jp

 

このカード、スペックはめちゃくちゃ低く、一般的なカード決済利用はお勧めできません。

スペックとしては、以下の2点を覚えておけば十分かと思います。

☆ 年会費が2,000円かかる。(現在のところ、回避する方法なし。)

☆ 還元率は、基本0.5%

 

とても使えるカードとは言えません。

昨今、リクルートプラスカードの新規受付停止、ライフカードの誕生月ボーナスの改悪、エクストリームカード廃止に代表されるジャックス系カードの改悪等、悪い噂が連発するカード業界ですが、そんな改悪以前より、スペックは低いカードです。

 

さて、そんな低スペック、かつ年会費がかかるどうしょうもないカードですが、なぜ、マイルを効率的に貯めるために必要となるのか。

それは…

メトロポイントを×0.9の割合でANAマイルに移行できる」からです。

これに尽きます。

 

上記のメリットのみで、この低スペックカードを年会費込で維持する価値があるのです。

例えば、ソラチカカードを保有することで…

「メトロポイント20,000ポイントを18,000ANAマイルに交換することができます。」

これ、とてつもなく凄いことなんです。

 

ソラチカカードを保有していなければ、メトロポイントをANAマイルに移行すると×0.6の割合となります。

すなわち

「メトロポイント20,000ポイントを12,000ANAマイルに交換」となります。

 

一回につき、メトロポイントのANAマイル交換上限は20,000ポイントです。

つまり、一回につき6,000マイル損することになり、年間ベースで考えると「6,000×12」となり、72,000マイルほど損をします。

70,000を超える損は、もはや「大損」といっても過言ではありませんね。

 

以上より、年会費2,000円払ってでも、必ずソラチカカードは保有すべき、という主張はお分かりいただけたのでは、と思います。

 

さて、読者の皆様は、以下のような疑問を持たれたかと思います。

「月20,000ものメトロポイントをどのようにして貯めるのか?」

当然の疑問ですね。

 

そこで登場するのが各種ポイントサイトとなります。

ポイントサイトを上手に利用する者が、陸マイラー長者となります。

 

具体的なポイントサイトの利用方法については、改めて書いていきたいと思います。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス